確実に痩せる方法は、誰もがわかっている当たり前すぎる方法だった!

Start diet today
photo credit: Alan Cleaver via photopin cc

最近、どうすれば痩せるのかと考えたり実践したりしていました。
たどり着いた先は、とてつもなく当たり前のところでした。

●結局、正しい食事と適度な運動

これ言ってしまえば、もう書くことがないほどこの記事の結論を言ったのですが、それではつまらないので多少肉付けをしていきます。
テレビでダイエット食品とか、ダイエット器具とか紹介されてる時、お決まりのように「正しい食事と適度な運動を」といったような言葉が書かれています。
やはりそれが大事だってことは、ダイエット商品を作っている人たちもわかっているんですね。
そんなテレビを見ている私たちも、もちろんわかっているんです。だけど・・・

●「~ダイエット」はなかなか続かない

毎年のようにダイエット法は話題になります。バナナダイエット、キャベツダイエット、最近はサバ缶ダイエットが流行りました。
でも結局、毎日同じ食品を食べるのは飽きてやめてしまったり、続けたとしても過剰にその食品を食べて逆に太ったり。笑
どうすればいいのかと悩んでは次のダイエット法に飛びつきます。先ほども言いましたが本当はどうやって痩せればいいのかわかっているのに・・・

●本当はそこまで痩せようとも思っていない

私もダイエットというか体を絞ろうとしています。(武井壮さんみたいになりたくて。笑)
痩せたり、痩せなかったりするんですが、痩せなかった時の一番の原因は「痩せようと思っていない」に尽きると思っています。
そんなことない!痩せたいんだ!と思っている人もいるかと思いますが、コテコテのラーメンとか大量の美味しい夕飯を見てしまうとそっちに行ってしまうのではないでしょうか。この時のなりたい自分は

痩せた自分<美味しいものを食べた自分

こうなっているんです。
つまり、痩せた自分は二の次ってことです。
美味しいものは誰だって食べたいです。ただ、食べすぎると太ってしまうなんて誰だってわかっています。
それでも、食べるっていうことはそっちのほうが幸せだからです。痩せた自分よりも。

実際、太っているといっても今までも太っていたので対して困っていないというのが本当のところではないのでしょうか?
むしろ、痩せてしまったほうが久しく経験していない自分になるのですから、困ったことです。
体にかかる負荷だって変わってくるし、服だってもう今まで来ていたのは着れないし。

意外に長くなりそうなので、モヤモヤしたところで今回は終わりです(・~・)笑

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る