運動を習慣化しよう!まずは筋トレから!

medium_5014621928
photo credit: heraldpost via photopin cc

昨日に引き続きダイエットネタです。
昨日は食について考えてみました。
今日は運動の面から考えてみようと思います。

●ランニング<筋トレ

ダイエットというとランニングの方を考える方が多いかと思います。
有酸素運動なんので脂肪も燃焼して、さらに健康的なイメージもあります。
たしかに、ダイエットをするときにランニングは重要になってくると思うのですが、今回は何も運動していない人がこれから運動をするという前提で考えるとランニングはちょっとハードルが高いです。
今の時期は寒いので外に出るのがつらいですし、仕事が終わって走るとなると外は真っ暗です。
最初は勢いでできるかもしれませんが、1週間続けるのがやっとではないかと思います。
運動は何より継続することが大切なので効果が高いものを1週間だけやってその後は何もしないのでは意味がなくなってしまいます。
なので、まずは私は筋トレをお勧めします。

●筋トレを少しずつ始めよう

筋トレといってもいろいろ種類があるので何かれやればいいのかわかりにくいと思います。
そもそも筋トレだけやっていたらマッチョになってしまわないかという疑問も。
これはいろいろなところで言われていますが、そう簡単にマッチョにはなりませんので心配しなくて大丈夫です。
また、先に筋トレから始めるのには意味があって最終的にはランニングもできるようにしたいのですが、いきなり走ってしまうと足への負担が大きいのでけがにつながるため筋トレである程度、力をつけておこうという考えと、筋トレしてから走ると効率よく脂肪を燃焼できるという考えがあるからランニングからではなく、筋トレから始めるのです。

じゃあ、何からやればいいか?
まずは、下半身の筋トレをしましょう。
理由は、2つあって
1つ目は、ランニングに備えるため
2つ目は、筋肉の大きいところから始めることによって大きい効果が得られるため

1つ目はそのままです。2つ目については下半身は全体の7割の筋肉がついているといわれているのでそっちを鍛えた方が筋肉も付きますし、エネルギーも消費しやすいです。
ということで、最初はスクワットです。
なんか、部活の罰でやらされた経験のある人がいるかと思いますが(私です。笑)そんな暗黒期の思い出はどこかに置いておいてスクワットをしましょう。
負荷の調節や回数などいろいろ考えることはあるのですが、まずは、1日3セット限界が来るまでやってみるといいと思います。
そんなにちゃんとやるとスクワットは回数できませんから時間はかからないと思います。
やり方は書店のスポーツコーナーに行けば筋トレのやり方が書いてある本ならどの本でもスクワットは書いてあるのでそちらを参考に!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【編集後記】
明日から仕事ですね。
こういう時は夜更かししてしまいます。
それほど、明日が来てほしくないのでしょう。笑

【今日のハッピー】
カフェでゆっくりできた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る